介護ショップちゅ~ぶ 福祉用具総合カタログ
3/168

一般介護予防事業利用者非該当新予防給付要支援者介護予防サービス介護予防生活支援サービス事業地域密着型介護予防サービス介護予防サービス訪問介護訪問入浴介護訪問看護訪問リハビリテーション介護予防居宅療養管理指導通所介護リハビリテーション短期入所生活介護短期入所療養介護福祉用具貸与特定福祉用具販売住宅改修特定施設入居者生活介護市町村の窓口に相談認定調査要介護認定要支援1~2新予防給付地域密着型サービス居宅施設サービスサービス訪問介護訪問入浴介護訪問看護訪問リハビリテーション介護予防居宅療養管理指導通所介護リハビリテーション短期入所生活介護短期入所療養介護福祉用具貸与特定福祉用具販売住宅改修特定施設入居者生活介護居宅ケアプラン自己負担(2割)自己負担(3割)10,064円15,096円21,062円31,593円33,530円50,295円39,410円59,115円54,096円81,144円61,876円92,814円72,434円108,651円要介護4要介護5短期入所福祉用具医師の意見書要介護1~5介護給付要介護者介護給付居宅サービス●保険料の納付●要介護認定の申請●要介護認定●被保険証の交付●介護費用の9割を支払う(国民健康保険団体連合会を通じて)老化が原因とされる病気等(特定疾患)により、介護が必要であると「認定」を受けた人は、サービスを利用できます。介護や支援が必要であると「認定」を受けた人は、サービスを利用できます。※介護が必要となった原因は問われません。年齢や住んでいる市区町村よって保険料の計算方法が違いますが、予算を大まかに立てる場合は、全国平均を参考にしましょう。●サービス利用料(介護費用の1割・2割・3割)を支払う●サービスの提供市の調査員や委託された居宅介護支援事業者などが訪問し、心身のことや介護の状況について調査します。 介護認定審査会で認定調査による特記事項、主治医意見書などをもとに、非該当、要支援1・2、要介護1~5の区分に審査判定します。認定結果は申請してから、通常30日ほどで市から通知されます。非該当(自立)、要支援1・2、要介護1~5のいずれかが出ます。非該当➡地域支援事業の介護予防サービス要支援➡予防給付の介護予防サービス要介護➡介護サービス を利用できます。市町村の窓口に要介護(要支援)認定を受けるための申請をします。引き続きサービスを利用したいときは認定有効期間の満了の日の60日前から「更新」の手続きができます。ケアプランをもとに計画的にサービスを利用します。利用者の負担は、原則として、費用の1割か2割か3割です。どのようなサービスをどの程度利用するかというケアプランを作成します。介護保険は市町村が保険者として運営し、国・県が支えます。財源は国・県・市の公費と保険料で賄われます。※詳細・ご不明点は、各市町村介護保険窓口へお問い合わせ下さい。介護予防ケアマネジメント介護予防ケアプラン介護度要支援1要支援2要介護1要介護2要介護3要介護4要介護5要支援1・2、経過的要介護(※)及び要介護1~5の認定を受けている人で、住宅でのサービスをご希望の人は、1ケ月の利用限度額の範囲で、1割・2割・3割の負担でサービスを利用することができます。要支援1訪問訪問通所通所施設施設2短期入所福祉用具支給限度額自己負担(1割)50,320円5,032円105,310円10,531円167,650円16,765円197,050円19,705円270,480円27,048円309,380円30,938円362,170円36,217円要支援2要介護1要介護2要介護3■介護保険制度のしくみ■加入者と保険料■要介護認定申請被保険者保険者認定申請更新申請サービスの利用サービス計画書作成事業者認定調査審査判定認定・結果通知サービスの選定■介護サービスの利用手続き■居宅サービスの利用限度額■改正後のサービスの種類40~64歳の人「第2号被保険者」●1ケ月の利用限度額65歳以上の人「第1号被保険者」介護保険の概要

元のページ  ../index.html#3

このブックを見る