介護ショップちゅ~ぶ 福祉用具総合カタログ
158/168

1STEP2STEP3STEP▪手すりの取り付け、段差解消などで居室からトイレまでの移動、トイレ内の動作を安全に。サニタリエースOD両用式▪和式便器の場合 サニタリエースで洋式にして、立ち座りを補助。サニタリエースOD据置式家具調トイレAR-SA1セレクトR・直腸と肛門の角度がとじる。 ・重力に逆らって便が上にのぼらなくてはいけない。 ・前傾姿勢だと、直腸と肛門の角度が開くので、排便しやすい。座面を高くすることで立ち座りをしやすくします。▪洋式便器の場合トイレフレーム、補高便座など男性用女性用安楽尿器DXで立ち座りを補助。和式を洋式に変更トイレのフレーム・補高便座を設置157樹脂製・家具調・ひじ掛け固定タイプ・はねあげタイプなどがあります。ポータブルトイレ「ジャスピタ」男性用家具調トイレ AR-SA1ライト女性用コ・ボレーヌ(洗浄ブラシ付)『座って前傾』が排泄しやすい排泄に問題が起こると、ご本人の尊厳が傷ついたり、日々の生活に支障が出たりしてしまいます。それらを損なわないためには、できるだけ「今まで」に近い形で排泄ができるよう環境整備をします。排泄介護用品選定の考え方自宅のトイレで排泄する方法を検討今まで通り、家のトイレで安全に排泄ができるよう環境整備を行います。手すりの設置・段差解消ポータブルトイレで排泄する方法を検討排泄のしやすさには姿勢が大きく影響します。トイレまで行けなくてもポータブルトイレに座って排泄することでスムーズに排泄ができます。ベッドの上で排泄する方法を検討尿意・便意のコントロールができる場合は、尿器、差し込み便器などを使用します。失禁等の治療・症状コントロールが難しい場合はオムツを使うことも検討します。排泄関連

元のページ  ../index.html#158

このブックを見る