株式会社レンティック中部 (旧社名:中部リネンサプライ)

お問い合わせ

サイトマップ

ホーム>

お知らせ

>

トピックス

>

リスクアセスメント研修会で講師を務めました。

>

お知らせ

リスクアセスメント研修会で講師を務めました。

12月10日(月)

浜松商工会議所7階の浜松労政会館1・2会議室において
浜松労働基準監督署・浜松労働基準協会の主催する
リスクアセスメント研修会が行われ
好事例として「我社におけるリスクアセスメントの取り組み事例について」
をタイトルに布団工場の江間秀樹責任者が講演を行いました。

リスク②.JPG


工場内の危険の防止は当然のこと、
障がい者雇用を推進し戦力としての育成に努力するがゆえに工夫された
可視化や作業手順を構造化した環境づくりへの取り組み、
緊張感を維持するための工夫としてフロー理論を用いた担当場所の
ローテーション、公共機関をもちいた障がい者スタッフへの支援の取り付けによる
生活援助など多岐に渡った工夫は、リスクアセスメントとしての視点からも
優れた取り組みとして参加された多くの企業担当者の皆さんからの賛辞をいただきました。

リスク①.JPG


140名を超える受講生の皆様がリスクアセスメントと
障がい者スタッフの戦力化を結びつけた弊社の取り組みを動画でご覧頂きました。

« 浜松商工会議所青年部の主催する企業見学会が行われました | メイン | 障害者雇用促進セミナーが開催されました。 »

ページの先頭へ